To see the future

21目指して自己満足で書いていきます・。・

【S8 使用構築】サイクル志向ルカリオスタン

小規模大会とS8序盤の使用構築です。SMのレートが終わりUSMでのレートが始まったので心機一転ということで大好きなポケモンであるルカリオを軸にした構築を使ってみましたが、限界を感じたので構築をメモ程度に書き残して解散することにしました。

あーもんどさん主催の第5回小規模大会では、この構築で優勝しました。(ギルガルドメガバンギラス)

 

※以下常体

 

 

【並び】

f:id:sh1ren:20180519012216p:plain

 

 

【コンセプト】

サイクルの中でステルスロックゴツゴツメットを絡めるなどして削り、メガ枠Z枠の一貫を取っていく。

 

 

【個別詳細】

f:id:sh1ren:20180601055508p:plainルカリオ@ルカリオナイト

性格:陽気

実数値:145-197(252)-103-×-91(4)-180(252)

技構成:インファイト / コメットパンチ / 冷凍パンチ / 神速

 

ギルガルドカプ・テテフ入りの構築への選出は渋られ、ボーマンダギャラドスあたりのメジャーなメガ進化ポケモンにも弱いので環境で通していくのは厳しいと感じた。これらのポケモンにはバンギラスが強いのでルカリオバンギラスの2メガはかなり強いと思った。

 

 

f:id:sh1ren:20180221205817p:plainランドロス@ゴツゴツメット

性格:腕白

実数値:195(244)-165-156(252)-×-102(12)-111

技構成:地震 / 岩石封じ / 蜻蛉返り / ステルスロック

 

取り巻きが貧弱なので、混乱実にしてサイクルを回せる回数を増やすより削りを優先してゴツゴツメットギャラドスバシャーモなどの重いポケモンを無理やり削って先制技圏内に入れる動きが重要。

 

 

f:id:sh1ren:20180221205851p:plainヒートロトム@突撃チョッキ

性格:控えめ

実数値:153(220)-×-127-172(252)-128(4)-110(28)

技構成:放電 / ボルトチェンジ / オーバーヒート / めざめるパワー氷

 

〈調整〉

S28振り85族抜き(スイクンカプ・レヒレ)

ダウンロード対策(B<D)

 

役割対象はメガリザードンYボルトロス、カプ・コケコなどの特殊アタッカー。ホノオZでもよかったが、高火力のZワザで押し切られるのを嫌い突撃チョッキ。ほとんどのスイクンカプ・レヒレに抜かれた。

 

 

f:id:sh1ren:20180221205923p:plainゲッコウガ@拘りスカーフ

性格:やんちゃ

実数値:147-161(252)-87-124(4)-81-174(252)

技構成:岩雪崩 / ダストシュート / 蜻蛉返り / 冷凍ビーム

 

easy win製造ポケモン。初手で3-2の状況を作ることができたら大体勝てた。補正をかけないと蜻蛉返りでゲッコウガが落ちないのでやんちゃで採用したが、Sが上昇したアーゴヨンボーマンダなどを止められなくなるのでストッパーとしての役割を重視して無邪気にしたほうが良かった。もう少しCに努力値を割かないとアーゴヨンや一部のボーマンダには耐えられることがあるので調整の必要があると感じた。

 
 

f:id:sh1ren:20180221205948p:plainモロバレル@黒いヘドロ

性格:図太い

実数値:221(252)-×-125(188)-105-109(68)-50

技構成:ギガドレイン / クリアスモッグ / イカサマ / キノコの胞子

 

〈調整〉

C特化ギルガルドのゴーストZ確定耐え

 

水の一貫切り、キノガッサランドロスで受けられないメガギャラドスメガラグラージ対策。ルカリオ軸でどうしても重くなってしまうギャラドスに対して明確な回答があるのは強かった。後攻キノコの胞子でサイクルを有利に進めるたり、ギルガルド(バンギラス)の積みの起点つくることもできた。

 

 

f:id:sh1ren:20180221210029p:plainギルガルド@ゴーストZ

性格:意地っ張り

実数値:159(188)-112(252)-170-×-171(4)-88(60)

技構成:シャドークロー / 聖なる剣 / 影うち / 剣の舞

 

受けループ、メガフシギバナカプ・テテフ対策として採用。物理ゴーストZ型は、瞬間的には珠持ちよりも火力が高く、想定外のダメージを出せるので受けループ、メガフシギバナの崩し要員としては珠よりもZの方が強かった。+2ゴーストZがHBドヒドイデに対して確定一発なのが偉すぎる。

この枠がバンギラスのときはルカリオを出さないときもバンギラス選出で十分なパワーがあったが主にカプ・テテフを受けるための鋼枠が欲しかったので最後にはギルガルドで落ち着いた。悪タイプ2枚で鬼の立ち回りをすればごまかせるかもしれない()

 

 

【選出パターン】

基本選出…f:id:sh1ren:20180601055508p:plainorf:id:sh1ren:20180221210029p:plain+f:id:sh1ren:20180221205817p:plain+@1

相手に合わせて柔軟に選出。

 

 

【きつい相手】

受けループ…ステルスロックの補助と蜻蛉ボルチェンの対面操作をして  ギルガルドを通せなかったら負け。主にグライオンが重い。

カバルドン…ちゃんとした処理方法が無い。ゲッコウガはストッパーとしての役割が大きいので水Zなどにはできない。

アーゴヨンギャラドスと一緒にいるとほぼ必ず両方出てきて両方止めるのは厳しい。

 

 

【最後に】

凄く惜しい構築ではあったと思うのでまたいつか同じような構築でリベンジしようと思います。