To see the future

21目指して自己満足で書いていきます・。・

【真皇杯予選 使用構築】ルカリオ☆グロス【日記】

第4回真皇杯予選(オンライン予選A、中四国予選)とシーズン10序盤で使った構築です。結果は残せませんでしたが、折角なので記事に残そうと思います。

 

〈結果〉

真皇杯オンライン予選A:4-6 予選ブロック落ち

真皇杯中四国予選:5-4 予選ブロック落ち

 

 

【並び】 

f:id:sh1ren:20180622130150p:plain

(並びかっけぇ)

 

 

【構築経緯】

好きなポケモンであるf:id:sh1ren:20180601055526p:plainf:id:sh1ren:20180513045716p:plainの2メガを使いたかったので、f:id:sh1ren:20180601055526p:plainf:id:sh1ren:20180513045716p:plainの2メガから構築がスタート。次に相性が良く取り巻きで大体入っているカバルドンランドロスの選択。カバルドンは見た目が好きではないのと、サイクル志向の構築を組みたかったのでf:id:sh1ren:20180513050450p:plainを採用。次にf:id:sh1ren:20180601055526p:plain+f:id:sh1ren:20180521204243p:plainと並べたときに、ギルガルドに強めで蜻蛉ボルチェンの動きをとれるf:id:sh1ren:20180521204338p:plainを採用。次に、この4体だと水タイプが一貫しているので水タイプ枠としてボーマンダグライオンに強めのf:id:sh1ren:20180601060215p:plainを採用。最後に、ここまででどうしようもないスカーフカプ・テテフアーゴヨンゲッコウガなどの高速アタッカーを無理やりごまかすためにf:id:sh1ren:20180521115247p:plainを補完で採用した。
 
これで完成のつもりだったが、どうしてもカプ・テテフなど無理なポケモンのごまかしがミミッキュだけではできなかったので、f:id:sh1ren:20180513045716p:plainカプ・テテフに強くf:id:sh1ren:20180601055526p:plainと取り巻きを共有しつつ、2体で見れる範囲を広く分担できるf:id:sh1ren:20180513050839p:plainにして構築が完成した。
 
 
【個別詳細】

f:id:sh1ren:20180601061724g:plain

性格:陽気
実数値:145-197(252)-108-×-91(4)-180(252)
技構成:インファイト / バレットパンチ / 地震 / 剣の舞
 
構築の軸であり、一番好きなポケモンルカリオメタグロスと並べているとギルガルドドヒドイデあたりを強く呼ぶので剣舞地震型で採用した。
剣舞ルカリオを使っているときが一番楽しい・。・v
 
 

f:id:sh1ren:20180611113231g:plain

メタグロス@メタグロスナイト

性格:陽気

実数値:167(92)-183(140)-171(20)-×-131(4)-178(252)

技構成:アイアンヘッド / 冷凍パンチ / 岩雪崩 / 地震

 

〈調整〉

ガブリアス地震+鮫肌ダメージ耐え

最速

 

最後に入ってきたメガ枠。ルカリオが弱いカプ・テテフボーマンダに強く、メタグロスが弱いナットレイ、ポリゴン2はルカリオが強いので、2メガの相性はそこそこよかったと思う。普通のルカリオメタグロスではリザードンに対して不利を取るので岩雪崩を採用した。地震ギルガルド、前期あたりから増えた意地っ張りメタグロスへの打点として採用した。地震を採用したのでSを落とした陽気メタグロスにも強く出るために最速。

 

f:id:sh1ren:20180601061503g:plain

性格:腕白
実数値:195(244)-165-156(252)-×-102(12)-111
構成:地震 / 岩石封じ / 蜻蛉返り / ステルスロック
 
ルカリオメタグロスどちらとも相性のいいクッション要因。少ないサイクルで削りきる短期決戦を意識した構築なので、混乱実の恩恵をあまり感じられずゴツゴツメットを持たせた。ステルスロックは、重たいリザードンをごまかせるので必須技。同タイプのランドロスとのミラーが多発するので、後攻蜻蛉返りができるようにS個体値を27まで下げたかった。
 
 

f:id:sh1ren:20180601061942g:plain

性格:控え目
実数値:153(220)-×-127-172(252)-128(4)-110(28)
技構成:オーバーヒート / ボルトチェンジ / めざめるパワー氷 / 毒々
 
〈調整〉
・。・
 
補完枠。カバルドンが重いので少しでも抗うためにホノオZを持たせて採用した。役割対象のメガリザードンYへの受けだしが安定しないのがとても弱かった。メガ+ランドロス+ロトムの選出で水が一貫してしまうのも弱い。いろいろ弱いけど他で替えがきかないポケモン
 
 

f:id:sh1ren:20180601062410g:plain

性格:臆病
実数値:147-×-88(4)-155(252)-91-174(252)
技構成:水手裏剣 / 冷凍ビーム / めざめるパワー炎 / 草結び
 
7世代の入れ得ポケモンボーマンダグライオンあたりに明確に強いポケモンが欲しかったので採用。カバルドンと高耐久水が重かったのでクサZ。使い慣れたゲッコランドの並びが安定して強かった。
 
 

f:id:sh1ren:20180601062036g:plain

ミミッキュ@気合の襷
性格:意地っ張り
実数値:131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)
技構成:シャドークロー / じゃれつく / 影うち / 剣の舞
 
カプ・テテフアーゴヨンなどいろいろごまかせる補完枠。
 
 
【選出パターン】
基本選出...f:id:sh1ren:20180601055526p:plainorf:id:sh1ren:20180513050839p:plain+f:id:sh1ren:20180513050450p:plain+@1
vsカバマンダ軸...f:id:sh1ren:20180513050839p:plain+f:id:sh1ren:20180521115210p:plain+@1
 
 
【重いポケモン
水タイプ全般...水タイプが一貫していてきつい。
メガリザードンY...メガ枠両方が不利を取る。
 メガギャラドス...現環境では少ない読みで切った。真皇杯予選では2回当たってどちらも選出された。
 
 
 
【最後に】
初めてのオフで、好きなポケモンを使って勝ち越すことができたので個人的には満足です。いつか同じような構築でリベンジしようと思います。
 

f:id:sh1ren:20180622132051j:plain

 f:id:sh1ren:20180622132122j:plain